返済義務のある借金返済についてたまりにたまってどうしようもなくなってしまった際、破産の手続きの可能性を考えたほうがかえって良いという時もあり得ます。ということならば自己破産を申請することには一体どういったよい側面が考えられるのでしょうか?以下に自己破産申請のポジティブな面を箇条書きであげてみたいと思いますのでご一読頂ければ幸いです。※専門家(認定司法書士や弁護士)などといった人に自己破産手続きを依嘱し、その専門家を通じて通知(通知)が送られると債権保持者はこれ以降、請求が禁止されるため精神的負担においても経済的負担においても人心地がつけるようになるでしょう。※法のエキスパートに依頼をした時から破産の申立てが済まされるまでには(概して8ヶ月程)返納をストップすることも可能です。※破産の申告(支払いの免責)が確定すると全ての累積した返済義務のある借金を免じられ、未返済の負債で受ける苦痛から解放されます。※払い過ぎが起こっている場合において、その差額について返還の要求(支払わなくても良かったお金を回収すること)も同時進行ですることも可能です。※自己破産手続きをひとまず終わらせると借入先の取立行為はできないのですゆえ面倒な取立などはなくなるのです。※自己破産手続きの介入通知開始が決まった後の所得はそのまま自己破産申立人の私有できるものと認められます。※破産の手続きの開始後は、自分の給与を差押えられるということはありません。※平成17年に行われた破産に関する法律の改正により、自らの手に残せる家財の額が大変大幅に拡大されることになりました(自由に私有できる財産の一層の拡大)。※破産の手続きを行ったという理由で選挙権ないしは被選挙権などといった権利が制限されたり奪われることはありません。※自己破産手続きを行ったことを理由に、住民票あるいは戸籍などに載せられるといったことは全くないと言えます。≫自己破産の手続きを行ったからといって返済義務のある負債が失効すると決められている一方であらゆることが免責になってくれるわけではないので注意しましょう。所得税・損害賠償債務、罰金または養育費といったものなど支払い義務の失効を認めると著しく問題がある種類の借入金においては、支払い義務の無効が決まった以降にも支払い義務を請け負い続けることが定められています(免責が拒まれる債権)。破産手続きの財産価値を表現するときのガイドラインは改正法(平成十七年における改正)を元にしたガイドラインですが、申込と同時に自己破産が確定となるための条件は、実務上改定前のものを墨守した基準(20万円)によって扱われる事の方が多いゆえ債務者の財産配当を実施する管財事件に当てはまったならば、意外と多くの失費が生じてしまうので留意しておく事が必要なのだと言えます。