乗用車の【全損】とはその名称が示すように全てが故障してしまうこと要するに走ることが出来ないなど車としての役目を果たせなくなった場合に使用されますが、乗用車の保険における【全損】は少なからず同義ではない意味合いが含まれています。乗用車の保険では車が破壊された状況で【全損と分損】のように分類され【分損】は修理のお金が補償金内でおさまる事を指し、逆に【全損】とは修復のお金が補償額より高いケースを示します。一般的に、修理で【全損】と判断されるとエンジンに重大な損傷があったり、車の骨格が歪んでいたりして修復が難しい時再利用か処分になるのが当然です。けれど、自動車事故が起きて修理業者や車の保険会社がそのような修理費を推定した場合に、いくら見た目がしっかりとして修復が可能である場合でも修理のお金が保険額よりも高くては何の目的のために車の保険に入っているのか分からなくなってしまいます。そういうときには(全損)と結論付けて乗用車の権利を車の保険の会社に譲り補償金額を支払ってもらうことになっています。もちろんの事ですがかなりの時間運転した車で執着があり、自腹で修理をしてでも乗り続けたいというひとはかなり存在するので状況にて保険会社と話し合ってみるといいと思います。また、自動車保険の種類によってはこのような事態を想定して車両全損時諸費用補償特約など(全損)の時のための特約つけているケースがあり、万一自動車が『全損』なった際でも新規購入など費用を一部分でも払ってくれる時も実在したりします。なおかつ盗まれた場合の補償額の特約をつけてると、被害にあった乗用車が発見されないケースでも『全損』と判断され補償金が払われることになっているようです。